頒布品のご案内

 

【注意!】

 

現在 在庫切れ のため 販売を停止 しております。

大変申し訳ございません。

 

●比叡山浄土院御砂守り 単価800円 送料サービス(0円)

【内容・寸法】
御砂守り本体の大きさは縦:約6cm、横:約5cm、厚さ:約2.3cm(付け紐部分は除く)。色は白色のみ。1躰=約30g。化粧箱入り。写真の左側:表面、右側:裏面。
※化粧箱の大きさは縦:約6.5cm、横:約5.5cm、高さ約3.7cm※

【概要】比叡山を大きく分けて、東塔・西塔・横川の3地区に分かれます。比叡山で最も清浄な聖域である天台宗の宗祖伝教大師の御廟(ごびょう)・浄土院は西塔地区にあります。
弘仁13(822)年6月4日に56歳で入寂された伝教大師の遺骸を、慈覚大師円仁がこの地に移して安置したのが浄土院のはじまりです。そして現在も、中国・国清寺古来の清規にしたがって一日も休むことなく、伝教大師が今も生きているが如くに12年籠山行の僧侶によって一日三座給仕するお勤めと、堂内外を「掃除地獄」と呼ぶほどに掃き清め、さらには自らの厳しい勉学に励む行が修されています。この12年籠山行の僧侶を「侍真」(じしん)と呼びますが、これは「伝教大師の真影に侍る」という意味です。また、侍真を志す者は浄土院の拝殿にて仏様のお姿を感得するまで、好相行という毎日三千仏礼拝行を勤めます、そして現任の侍真の印可を得、戒壇院で誓願してはじめて侍真の資格を得ることができるという非常に厳格なものなのです。
天台仏教青年連盟では、比叡山延暦寺様の特別のご許可をいただき、「比叡山浄土院の御砂」を御守りとし、伝教大師の御遺徳を尊崇するとともに根本中堂(東塔)・釈迦堂(西塔)・横川中堂(横川)に分かれ、三千仏礼拝行を奉修して祈願し、有縁の皆様にお授けいたします。比叡山延暦寺並びに宗祖伝教大師のご加護あらんことを謹んで祈念申し上げます。